小林多喜二奪還事件のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第5回多喜二祭で展示会も併設へ!

<<   作成日時 : 2012/08/17 11:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

第5回多喜二祭の9月9日が近づいてきました。昨年、多喜二のデスマスクや蟹工船の原稿などを含め、展示会をしていただいた藤田廣登氏から、今年もやってみようという連絡がありました。今回の会場の伊勢崎市文化会館小ホールは入り口近くにエントランスホールという空間があり、そこで展示ができるようです。藤田氏はフェリス女学院大学の島村輝教授に『蟹工船』各国語版を展示できないか打診した模様です。写真は『蟹工船』フランス語版の表紙です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
翻訳された本の表紙を見せるだけの意味がわかりません。中味が問題でしょうに。
湖南
2012/08/17 23:11
全くその通りですが、私自身実物をもってないので、すいません、表紙だけとなりました。
管理者
2012/08/17 23:22
各翻訳者からメッセージをいただいたらどうでしょうか?
湖南
2012/08/23 13:01
名案ですね。ありがとうございます。
管理者
2012/08/23 23:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
第5回多喜二祭で展示会も併設へ! 小林多喜二奪還事件のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる