小林多喜二奪還事件のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦前の『蚕糸公論』の重要性高まる!

<<   作成日時 : 2014/07/21 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和7年12月から発行された「蚕糸公論」は県内の蚕糸業者だけでなく、全国にも他愛奈影響を与えました。しかも、間違えなく「富岡製糸場をと絹産業遺産群」を支えた雑誌です。50冊完結している本は、珍しいようです。当時発行していた小林邦作の転換期にもなり、究明は今後です。また富岡製糸場と絹産業遺跡を支えてものですね。小林邦作は雑誌で支え、菊池敏清は、昭和10年〜12年に小作地の無償解放を行っています。昭和7年9月の大弾圧後なのにすごいですね。転向と言うより抵抗ですね。
画像

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦前の『蚕糸公論』の重要性高まる! 小林多喜二奪還事件のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる