小林多喜二奪還事件のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ハングル版多喜二選集について茶谷さんが紹介しています!

<<   作成日時 : 2013/03/25 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日、2013年3月25日付「しんぶん赤旗」に掲載された茶谷十六氏の「『小林多喜二選集』ハングル版刊行の意義」をご紹介します。茶谷さんからOKもらいました。

 昨年8月に、韓国の出版社「理論と実践社」(代表・金泰京)から、ハングル版『小林多喜二選集』(全3巻)の第1巻が刊行された。「蟹工船」「防雪林」「一九二八年三月十五日」の3作品が収録されている。
 翻訳者朴真秀・黄奉模両氏は{韓国における多喜二文学研究の第一人者たちである。

全3巻の内容
 巻頭に多喜二の生涯と作品に関する写真が10ページにわたって掲載され、巻末には、作品解題と年譜のほか、翻訳者黄奉模氏による小論「小林多喜二の文学世界」、きらに多喜二自身による3作品についての解説が掲載され、全体で440ページに及ぶ大冊である。
 引き続き第2巻には、「党生活者」を中心として多喜二の生涯の頂点に至る組織生活を取り扱った作品が収録され、さらに第3巻は、多喜二作品の理解につながる文芸理論、多喜ニの人間像を生々しくあらわす手紙、母セキの多喜二への回想によって構成される予定だという。

民主化闘争で
 金泰京氏から韓国での『小林多喜二選集』刊行の約束をいただいたのは、2008年2月のことであった。この年、第43回秋田県多喜二祭で、「80年代韓国民主化闘争の中で息づいた多喜二の文学」をテーマにパネルディスカッションがもたれ、韓国から李貴源・李相Q焚両氏を招き私と3人での座談をした。両氏は、1980年代韓国の全斗煥軍事政権下でたたかわれた民主化闘争の中で小林多喜二の文学に接し、「蟹工船」「一九二八年三月十五日」「党生活者」の3作品をハングルに翻訳して、87年8月15日に『蟹工船』の表題で出版した。李貴源氏はその翻訳者であり、李相焚氏は出版社の代表だった。金泰京氏は、共にたたかった同志として両氏と一緒に来訪し、その中で選集刊行を決意したのである。

生き方たたえ
 選集「刊行の辞」の中に金氏の次の言葉がある。
 「ここに一人の男がいる。絵画と音楽と映画が好きで、虐待されるすべての存在を愛することに自分を燃やしながら、30歳にもならないうちに、天皇制権力によって虐殺された人間がいる。『蟹工船』作者の小林多喜二である。われわれは火のように生きて去ったごの人をほめたたえるために『小林多喜二選集』いを刊行することにした」
 金氏は計画直後に脳梗塞を患った。半身不随の体で阿修羅のごとくに奮闘したその熱誠に、ただただ感服するばかりだ。
 多喜二の文学世界と全生涯が韓国で本格的に紹介されるのは初めてのことである。多喜二の文学を、現代の韓国の若者たちにこそ読んでほしいと切望し、さまざまな働きかけを積み重ねてきた者として、刊行を心から喜ぶと共に、全3巻完結の一白も早い実現を望みたい。韓国での小林多喜二国際シンポジウム開催をめざして新たな行動を開始したい。
  (ちゃだに・じゅうろく 秋田県・民族芸術研究所研究員)
 問い合わせпEファクス0187(44)3903(民族芸術研究所気付、茶谷さん)
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハングル版多喜二選集について茶谷さんが紹介しています! 小林多喜二奪還事件のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる