アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「伊勢崎」のブログ記事

みんなの「伊勢崎」ブログ

タイトル 日 時
歓迎・杉並生活と健康を守る会!
歓迎・杉並生活と健康を守る会! 7月5日は群馬県知事選挙の投票日ですが、東京の杉並より生活と健康を守る会が、群馬を知るツアーで小林多喜二奪還事件の現場に立ち寄ります。大沢勝幸実行委員会委員長が対応します。自分は、法事で参加できないため、資料を準備しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/05 09:46
伊勢崎の第5回戦争と平和展が、今日明日(8月14日・15日)開催!
伊勢崎の第5回戦争と平和展が、今日明日(8月14日・15日)開催! 今日8月14日と明日15日、伊勢崎市文化会館3階第1展示室で「第5回戦争と平和展」が開催されます。多くの人の参加を待っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/14 08:02
12月16日に第3回放射能について学ぶ会「放射能…今、伊勢崎では?」が開催、参加しました!
12月16日に第3回放射能について学ぶ会「放射能…今、伊勢崎では?」が開催、参加しました! 投開票日になった12月16日午後2時より伊勢崎市民プラザで第3回放射能について学ぶ会「放射能…今、伊勢崎では?」が開催されました。忙しい中ですが、20名近くの人が参加、理科の高校の先生、新婦人の測定比較状況、桐生・前橋のがれき受け入れ状況などそれぞれの体験に即した報告と問題提起が行われた後、全体でディスカッションしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/18 08:07
伊勢崎の街中で燈華会が行われました!
伊勢崎の街中で燈華会が行われました! 10月15日、16日と伊勢崎の燈華会が行われ、秋らしい夜に幻想的な光の集合を見られました。会場となった明治館の前の通りは、200メートルくらい南にいくと、奪還事件で多喜二たちが話す予定だった共栄館があった場所です。また、明治館から東に200メートルくらいいくと、多喜二たちが拘留され、奪還事件の舞台となった伊勢崎警察署仮庁舎があったところです。当時活動の拠点のなっていったのは、全協の労働組合事務所でしたが、それは斎藤力さんの会社兼自宅の建物の一室だったようです。その事務所は、今の明治館の前... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/24 11:29
多喜二の中の「昭和六年九月六日」
多喜二の中の「昭和六年九月六日」  「多喜二奪還事件」の史実性の確定が大きな課題でしたが、司法省刑事局の『社会運動情勢(東京控訴院管内)』に「プロ作家中野重治、小林多喜二、村山知義等」の「何レモ所轄伊勢崎警察署ニ検束セラレ」があることとと『須永好日記』の「昭和六年九月八日」に「石井繁丸君と尾島に来る途中伊勢崎に下車して小林邦作君等が検束されているので、警察に行き貰い下げ、陳情し」によって、事件の起点と終点が第一次資料により確認されました。これにより、多くの回想や新聞記事なども、事件の実態、その一面を照らすものとして、生かされる道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/11 00:08
『生活と健康を守る新聞』1月23日号6面に大きく「多喜二奪還事件」!
『生活と健康を守る新聞』1月23日号6面に大きく「多喜二奪還事件」! 全国生活と健康を守る会連合会(http://www.zenseiren.net/)の発行する『生活と健康を守る新聞』1月23日号の第6面に「小林多喜二の足跡をたどって “多喜二”が心にいつも生きている」という題で、東京都足立区の高橋陽子さんの記事が載りました。本当に良い記事を書いて頂き、高橋さんには感謝します。ちょっと補足すると、共栄館に集まっていた聴衆は、定員の200余名をはるかに超える300人余であったという回想があり、会場で立ち見をしていた人を中心に1回目の抗議行動(多喜二達検束者の釈放要... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/26 00:18
「伊勢崎署占領事件」(多喜二奪還事件)が研究論文で言及!
「伊勢崎署占領事件」(多喜二奪還事件)が研究論文で言及!  年末の慌ただしい時期ですが、おもしろい研究書に「伊勢崎警察署占領事件」(多喜二奪還事件)が言及されていました。それは法政大学大原社会問題研究所が発行した『地方社会運動史・労働運動史研究の現状−1990年代初頭までを中心に−』(2005年3月刊行)です。この本は、「ワーキングペーパー(旧調査研究報告)No.21」と記されています。その「まえがき」の冒頭に「本ワーキングペーパーは、荒川章二・横関至・大野節子・梅田俊英の4人により結成されたプロジェクトチーム(地方社会労働運動史の研究状況に関する調査... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/28 16:56
伊勢崎で「忠治論争」が勃発!
伊勢崎で「忠治論争」が勃発! 11月23日の読売新聞群馬版で「やくざ者?民衆救った英雄?分かれる評価」「生誕200年イベント中止に」「伊勢崎で『忠治論争』」という見出しの記事が載りました。現在ネットでも読めます。(http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20101123-OYT8T00047.htm)さて、我々の「多喜二奪還事件」と全く関係なさそうですが、そうではありません。文化と観光、研究と史跡・共有財産との矛盾を考えさせます。しかし、群馬の国定忠治、上州の国定忠治といえば、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 11:20
多喜二奪還事件、赤旗まつり
多喜二奪還事件、赤旗まつり 昨日今日と赤旗まつりに参加しました。2日間でおよそ1600枚の多喜二奪還事件リーフレットをまきました。群馬のテントには、5日付けの赤旗日刊紙の投書欄を見た人が、切り抜きを持って訪ねてくれるなど関心をよんでいました。群馬のテントの前で配布しましたが、受け取りもよく、読んだ感想を伝えに戻ってきてくれた人もいました。群馬のテントだけでなく、文化後援会、治安維持法犠牲者国家賠償同盟、研究者後援会、中野・杉並・渋谷・足立・江戸川の各区テント、静岡・富山・北海道・栃木・埼玉・茨城・東京などの各テントでも配っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/07 23:49
「赤旗まつり」を前に投書欄に載りました!
「赤旗まつり」を前に投書欄に載りました! 「しんぶん赤旗」日刊紙の投書欄に投稿していたのが、今日載りました。色々準備していますが、全然はかどりません。午後からは仕事なので、ちょっときわどいです。ともかく多くの人に会えるのを楽しみにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/05 11:37
能島龍三さんを囲んで「みんなで語ろう!トーク・イン・群馬  『蟹工船』を読んで」があります。
能島龍三さんを囲んで「みんなで語ろう!トーク・イン・群馬  『蟹工船』を読んで」があります。 チラシの内容を以下にそのまま転載します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/31 22:36
伊勢崎多喜二祭前に、新資料を続々発見!−その1、東京朝日新聞報道
伊勢崎多喜二祭前に、新資料を続々発見!−その1、東京朝日新聞報道 毎日暑いですね。私は、仕事がやっと普通に戻りつつあります。夏休みになると、夏期講習です。それはともかく、伊勢崎多喜二祭までとうとう1ヶ月を切りました。当日事件関連資料集を配布する予定で、色々な資料を集めて来ました。前にブログでも紹介した『伊勢崎市史・通史編』の中に「東京朝日新聞・群馬版」の記事が紹介されていました。それを見に、高崎経済大学附属図書館に行って、「東京朝日新聞」の復刻版を見ました。でも、復刻版には、群馬版はないんですよ。市内版といって、東京市版、今の全国版でしょうかね。群馬版がないっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/08 01:29
伝説の菊池邦作『随筆柿』の「伊勢崎署占領事件」をUP!
「昭和27年3月15日作」「42年6月補筆」とある「伊勢崎署占領事件」、今や手に入らない菊池邦作『随筆柿』からです。 詳しくは…http://geocities.yahoo.co.jp/gl/papasese2002 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/07 23:17
伊勢崎・多喜二祭、没後六十周年講演をアップ
小林多喜二没後六十周年記念集会で、伊勢崎署占拠・多喜二奪還事件の当事者の一人である、故菊池敏清さんの講演をアップしました。テーマは「ありし日の小林多喜二について」です。 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/papasese2002 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 15:11

トップへ | みんなの「伊勢崎」ブログ

小林多喜二奪還事件のブログ 伊勢崎のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる